スウェーデンの家庭で作るお菓子の定番中の定番、クラッドカーカの作り方です。クラッドカーカはチョコレートケーキ。クラッドはスウェーデン語でベタベタとかネチャネチャの意味。カーカはケーキです。その意味から想像できるように、ふんわりとしたケーキではありません。生地に膨らし粉の類は入っていず、材料を混ぜるだけのぺったんこケーキ。

簡単なので、スウェーデンでは子供が作るケーキの定番でもあります。ただ、私は今まで何回か作りましたが、生焼けになるのが怖くて火を通しすぎてしまいがち。コツは思い切りの良さかも。短時間で焼き上げるため、逆にタイミングが難しい。オーブンの癖もあると思うので繰り返し焼くと丁度いい温度と時間が分かると思います。

クラッドカーカの誕生には、戦争が迫っていた1938年、 Gudrun Isakssonさんがアメリカのブラウニーを作ろうとしたのですが、時節柄ベーキングパウダーが入手できず、入れずに焼いた失敗から生まれた、との一説もあります。一説も何も、作った人の名前も年も分かっているのだから正しいんじゃないの?と思ってしまいますが。

※北欧のレシピは粉類(小麦粉、砂糖など)は容量で計算する習慣があります。日本の習慣に合わせて、オリジナルレシピの容量を重量に換えました。

印刷

用意するもの

  • 直径18cmの丸型

材料

  • 卵 1個
  • 小麦粉 40g
  • グラニュー糖 85g
  • ココアパウダー 大さじ1.5
  • バニラシュガー 小さじ½(なければバニラエッセンス数滴)
  • 溶かしバター 50g

作り方

  • 卵と砂糖を泡立てでよく混ぜ、砂糖を溶かす。
  • 1)に小麦粉とココアパウダーを振るい入れ、よく混ぜる。
  • 型にバターを塗り、小麦粉を薄くはたく。型に生地を流し込む。175度に予熱したオーブンで15分焼く。
    ※10分で一度取り出して串を刺してゆるさを見てみる。
  • 中心がまだ完全に固まっていず、振ると少し揺れるくらいで焼き上がり。

動画

ヒント

冷めたら、粉糖を振り、アイスクリームかホイップクリームを添えてどうぞ。

冷めたら、粉糖を振り、アイスクリームかホイップクリームを添えてどうぞ。

内側がサクッ、内側がベタッとしていたら成功です。火が通り過ぎても普通のチョコレートケーキとして食べられますのでご心配なく。

【この記事をシェア】