意外とよく知られているスウェーデン料理にハッセルバックポテトがあります。ネットで検索すると日本語でも沢山のレシピがヒットします。

ただ『これがスウェーデンのハッセルバックポテト』と紹介されているレシピにオリーブオイルやローズマリーや、更に粉チーズやらニンニクやら。挙げ句の果てには隙間にハムやチーズやトマトが挟まれていたりしているのを見てしまって、どうにも落ち着かない。

それ北欧ちゃう、南欧や!

スウェーデンのハッセルバックポテト、それは、

芋、バター、塩、パン粉、以上!

アレンジを否定するものではないけれど、どうしてもあまりにもかけ離れているともや~としてしまうのは何故かしら。

では、わざわざ書くほどのレシピでは無いのですが、一応作り方です。

印刷

材料

  • 大きさの揃ったじゃが芋 好きなだけ
  • 溶かしバター 適量(芋1個につき大さじ½くらいかな)
  • 塩 お好みの量
  • イタリアンパン粉 適量(無ければ日本のドライパン粉を細かくつぶす)

作り方

  • じゃが芋の皮を剥き、2、3mm程度の切り目を入れる。切り離さないこと。ストッパーとして両側に菜箸を置くといい。
  • 耐熱皿に切り目を上にして並べ、溶かしバター、塩、パン粉を振る。200度に予熱したオーブンで45分焼く。

ちなみに、この料理を夫がすこぶる気に入り、先日こんなのを作っていました。 ハンバーグも同時仕上げ。 これはいいアイデアと感心しました。

ぜひお試しください。

【この記事をシェア】