昨日、壮大なオープニングで始まったデンマークのミートローフ「Forloren Hare」作り。本日いよいよ塩抜きした梅干しからジャムを作るところから始まりました。

ところで、Forloren Hareとは「偽物うさぎ」の意味です。雁擬き(がんもどき)みたいなものでしょうか?うさぎもどき?

まずは梅干しジャムを作ります。なぜ北欧料理で梅干しか。カラントジェリーの代用なのですが、ここに至るまでは、昨日の投稿を読んでくださいね。

印刷

作り方

梅干しジャムを作る(大さじ1杯分くらい)

  • 梅干し2個を塩一つまみ入れた水に入れ、半日以上おいて塩抜きをする。
  • 塩抜きした梅干しの種を除き、包丁で細かく叩き、重量の50%程度の砂糖を加える。(この時は大さじ1杯の梅が約27gだったので、砂糖を15g程度加えました。)
  • 電子レンジで1分~1分半加熱。途中、時々取り出して混ぜる。

なんだか、普通に美味しいものが出来ました。

    ところで、ミートローフを作るにあたって合い挽き肉を買いにスーパーに行くと豚挽肉しかありませんでした。驚いたことに使う予定の生クリームもなし。どうも皆さんが家で作るようになったので食品が品薄になっているらしい。こんなところにもコロナの影響が。

    なので今回はストックしていた合い挽肉と豚挽肉を混ぜたため、豚度多め。生クリームはソースの仕上げに少量使う程度だったので思い切ってカット。その代りバターを少し多めにしたところ、美味しく出来たので、これで行きますね。

    では作り方です。

    印刷

    分量 4 人分

    材料

    ミートローフ(うさぎもどき)

    • 合い挽き肉 500g
    • 塩 小さじ1
    • コショウ 小さじ1/4
    • 卵 1個
    • パン粉 100cc
    • 玉ねぎ 小1個 あるいは 大½個
    • 牛乳200cc
    • ベーコン 6~8枚

    ソース

    • 牛乳 250cc
    • コンソメ1個をお湯50ccに溶かしたもの
    • バター 大さじ2
    • 小麦粉 大さじ1
    • 用意した梅干しジャム 大さじ1

    作り方

    ミートローフ(うさぎもどき)を作る

    • 玉ねぎをフードプロセッサーで細かくするか、すりおろすか、包丁でごく細かいみじん切りにする。
    • 挽肉、塩、コショウ、卵、パン粉、1)で作った玉ねぎを混ぜる。
    • 2)に牛乳を少しずつ加えてよく混ぜる。かなりゆるい生地になります。
    • オーブン用の深い容器にひき肉を入れ、うさぎの形に成形する。( ご安心ください。私もうさぎの形が分かりません。)
    • ベーコンの両端を下に入れ込むようにして包み、形を整える。ゆるい生地なのでベーコンで形を固定する感じ。
    • 200度に予熱したオーブンで15分焼く。一旦取り出して、ソースの材料の牛乳とコンソメを溶かしたお湯を周りに注ぐ。
    • オーブンの温度を180度に下げ、肉を戻し更に1時間焼く。
    • 焼きあがる10分前に一旦オーブンから取り出し、焼き汁を分ける。
    • 肉をオーブンに戻し、焼き上げる。

    ソースを作る

    • 小鍋にバターを溶かし、小麦粉を炒める。そこに焼き汁を入れてとろみが出るまで混ぜながら煮詰める。
    • ソースに梅干しジャム大さじ1を入れ、塩コショウで味を調える。今回はベーコンの塩が出ていたので、塩は入れなくても大丈夫でした。

    ミートローフが少し冷めたらスライスし、ソースをかける。

    付け合わせは茹でジャガイモが第一の選択。あとはお好みの茹で野菜。今回はハッセルバックポテトニンジンサラダにしました。

    ソースに梅干しジャム、とても美味しかったです。もちろん、カラントジャムが手に入るならそれがベストですが、これはこれでアリでした。

    【この記事をシェア】