フィンランドの簡単ベリーケーキ Helppo Marjapiirakka

15年くらい前だったか、フィンランドのアヌさんに教わって繰り返し作っているベリーのケーキです。ヘルッポマルヤピーラッカと呪文のような言葉ですが、簡単ベリーケーキという意味です。ヘルッポが簡単、マルヤがベリー、ピーラッカがケーキ。(ピーラッカはケーキ以外の意味でも使いますが、この場合はケーキ。)

今回はいつものレシピを卵1個で作れるお手軽なレシピしました。また、オリジナルの分量が容量だったのを重量に変更しました。

印刷

分量 4 人分

用意するもの

  • 21cm×18cmくらいの角型

材料

  • イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーなどお好みの生ベリーを200~250cc(冷凍でも可)
  • 卵1個
  • 砂糖 40g
  • アップルジュース 50cc (オレンジジュースでも可)
  • サラダ油 50cc
  • 小麦粉 80g
  • ベーキングパウダー 小さじ½

作り方

  • ベリーが冷凍の場合は解凍して、しっかりと水けを切る。
  • 卵と砂糖をふんわりとするまで泡立てる。
  • 2)にサラダ油を加え混ぜ、次にジュースを加えて更に混ぜる。
  • 3)に小麦粉とベーキングパウダーを振るい入れ、更に混ぜる。
  • 型にベーキングシートを敷いて、生地を流し入れる。ベリーを均等に乗せる。
  • 200度に予熱したオーブンで20分焼く。串を刺して生地が付いてこなければ焼き上がり。

動画

ヒント

四角い型が無ければ、丸いタルト型で作ってもいいです。

お好きな大きさに切り分けてください。

もしかしたら本来はサラダ油ではなく、バターを使うのかも知れません。ヨガ講師で健康志向が強いアヌさんがアレンジしたのかも。普段からアヌさんは生クリームを牛乳に置き換えるなど、レシピをアレンジして健康に配慮していましたから。

アヌさんが、チョコレートを適当な大きさに割って乗せてもいいと実演してくれたので、あれば真似しています。ちょっと焦げたチョコレートの苦みがアクセントになって美味しいです。アヌさんもチョコレートの誘惑には勝てなかったのかな。

【この記事をシェア】

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る