デンマークの紫キャベツの蒸し煮リュドコール Rødkål

デンマーク料理の定番付け合わせ、紫キャベツの蒸し煮の作り方です。デンマークではあらゆる肉料理、ローストポーク、ミートボール、レバーペーストに添える、甘酸っぱい付け合わせです。

特にクリスマスのディナーで伝統のローストポーク料理、フレスケスタイには欠かせない付け合わせで、デンマーク人にとってはクリスマスの味でもあります。

ちょっと量が多いですが、冷蔵庫でも1週間程度は保管できますし、冷凍も出来ます。デンマークでは大瓶で売られているそうです。とはいえ、試しに紫キャベツ1玉で作ってみたら、1.5キロ以上出来上がってしまったので、いくら何でも多すぎ。

というわけで、このレシピは実際に作った量の半分にしました。

印刷

紫キャベツの蒸し煮

分量 4 人分くらい

材料

  • 紫キャベツ ½玉 500gくらい
  • 玉ねぎ ½個
  • 酸味の強いリンゴ ½個
  • 白ワインビネガー 大さじ3
  • 三温糖 大さじ2 あればブラウンシュガー
  • オールスパイス 2振りくらい
  • 赤ワイン 100㏄
  • クローブ 2個
  • ローリエ 1枚
  • 塩コショウ 適量

作り方

  • 紫キャベツ、玉ねぎを千切りにする。リンゴは皮を剥いて芯を取り、大きめに切る。
  • バター(分量外)を厚目の鍋で熱し、紫キャベツと玉ねぎをしんなりするまで炒める。
  • しんなりしたら、リンゴを加え、全体がなじむまで炒め、残りの材料を入れる。
  • 蓋をしてごく弱い火で1時間半~2時間蒸し煮する。途中で時々かき混ぜる。
  • 塩コショウする。味をみて、スパイスや調味料で好みの味に調える。

動画

ヒント

白ワインビネガーの代わりに米酢でもいいです。

サンドイッチやホットドッグにもどうぞ。

日本の家庭料理ならハンバーグの付け合わせにもいいですね。先日ピーマン肉詰めに付け合わせたら美味しかった。ありとあらゆるお肉料理の付け合わせに使えるので、スウェーデンにおけるリンゴンベリーのようなポジションなのかな。

デンマークだけでなく、ドイツでもおなじみの料理です。ドイツではソーセージのお供だそう。隣国だけに食文化が似ていますね。北欧の中でもデンマークは文化がやっぱり大陸寄りだなあ、と思うことがしばしばあります。

【この記事をシェア】

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る