スウェーデンのポテトパンケーキ「ラグムンク」Raggmunk

スウェーデンのポテトパンケーキ、ラグムンクを作りました。細切りにしたじゃが芋をパンケーキの生地に混ぜて焼いたものです。細切りじゃが芋を焼いたものと言えば、ケンタッキーのハッシュドポテトのような形が頭に浮かぶ方もいらっしゃるかも知れませんが、スウェーデンのラグムンクは薄く焼き上げるパンケーキの一種です。

スウェーデンではStekfläskという塩漬け豚肉のスライスとリンゴンベリージャムを添えて食べるのがお決まり。塩漬け豚肉はベーコンで代用して(もっと厚切りの方が良かったのですが…)、リンゴンベリージャムはスウェーデンのトルフォークゴード社のものを使いました。

実はラグムンクを作ろうと思ったきっかけが、このリンゴンベリージャム。北欧食材のアクアビットジャパンさんに勧められて買ったものです。いわく、イケアとは全然違うと。ちなみにリンゴンベリージャムはお菓子やパンにも使いますが、むしろ肉や魚の料理に添える方が一般的。

そうなると、やっぱりミートボールからかしら、と思ったのですが、暑いし、面倒だったので、もっと手軽に出来るラグムンクにしました。

それではレシピです。

印刷

ラグムンク

分量 4 人分

材料

  • じゃが芋 400~450g
  • 小麦粉 50g
  • 牛乳 100㏄
  • 卵 1個
  • 塩 小さじ½

付け合わせ

  • ベーコン お好きな量
  • リンゴンベリージャム 適量

作り方

  • 小麦粉、牛乳、卵、塩を混ぜて生地を作る。
  • じゃが芋の皮を剥き、チーズおろし、千切りカッターなどを使い細切りにする。
  • 千切りにしたじゃが芋を生地に混ぜて生地を作る。
  • フライパンにバター(分量外)を溶かし、ベーコンをカリカリに焼く。
  • ベーコンを焼いたフライパンに、お玉一杯分くらいの生地を薄く広げて両面を焼く。油が足りなければ足す。
  • お皿に盛り、ベーコンとリンゴンベリージャムを添えてどうぞ。

動画

ヒント

時間が経つとじゃが芋が変色するので、先に生地を作り、切ったじゃが芋をすぐに入れてください。
生地作りの手順は、動画では卵→牛乳→小麦粉ですが、小麦粉を先にボウルに入れて牛乳を半分ずつ混ぜ、最後に卵を入れた方がだまになりにくいと思います。

ベーコンの塩辛さとリンゴンベリージャムの甘酸っぱさ、じゃが芋の風味がいいコンビネーションの一品です。

トルフォークゴードのリンゴンベリージャムはベリーの粒がしっかりと残っていて、適度な酸味も感じられる美味しいジャムでした。これに比べれば、確かにイケアのジャムはただ甘いだけかも!

次はミートボールと食べてみよう。今月いっぱいアクアビットジャパンさんではセール中です。このチャンスにどうぞ!
【20%オフ】リンゴンベリージャム(トルフォークゴード)320g

塩漬けの豚肉stekfläskは様々な料理で使う、スウェーデンの食卓には定番の食材。スウェーデンで実物を手にしたことはないのですが、以前住んでいたアイルランドのラッシャー(rasher)に近いと想像しています。あるいはパンチェッタかな。

気が付けばstekfläskの作り方を調べていて、いや、簡単に手に入る材料で気軽にがモットーだったと思い出し、そこまでやらなくてもと我に返りました。

しっかりとお腹にたまり、食事になる一品です。お試しください。

じゃが芋の入っていない、普通のスウェーデンのパンケーキは下記リンク先からどうぞ。

フィンランドのポテトパンは下記リンク先からどうぞ。

【この記事をシェア】

コメントを残す

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る