フィンランドにはレイパユーストというちょっと変わった焼きチーズがあります。レイパがパン、ユーストがチーズの意味。ジャム(クラウドベリージャムなら最高!)をつけてお菓子として食べるチーズで、キュキュとした歯ごたえが独特。これはフィンランドの友人宅で出された、生クリームをかけてオーブンで焼き、クラウドベリージャムを乗せたもの。

レイパユーストを作ろうと思ったのですが、調べるとレンネット(仔牛の第四胃から抽出した凝固剤)が必要でした。そこで、もっと身近な材料で出来るムナユーストの方を作ってみました。ちなみにムナは卵の意味。その名の通り、卵を混ぜて作ります。

フィンランドでは材料に発酵乳のピーマ(Piimä)を使うのですが、代用でヨーグルトにしました。また分量を作りやすく、4分の1に減らしました。オリジナルでは牛乳3リットル使うので、ちょっと日本では現実的でないですよね。

では、作り方です。

印刷

分量 4 人分くらい

材料

  • 牛乳 750cc
  • プレーンヨーグルト 250g
  • 卵 1個
  • 塩 小さじ¼
  • 仕上げ用に卵黄 少し

作り方

1日目

  • 卵とヨーグルトを混ぜ合わせる。
  • 牛乳を鍋に入れ、沸騰直前まで熱する。(温度計があれば80℃くらいにする。)
  • (2)に(1)の混合液をかき混ぜながら注ぐ。卵が固まらないように気を付ける。
  • 弱火にして静かに火を通すと個体と液体に分離してくる。鍋底に焦げ付かないように時々かき混ぜる。
  • 大体10分くらいで、こんな感じに固形分と水分に分かれます。
  • ザルなどに布をかぶせ、固形分を移す。軽く押して水を切る。上に軽めの重しをして冷蔵庫に入れ、一晩置いて完全に水を切る。

2日目

  • 翌日、冷蔵庫から出し、耐熱性のトレイ(皿など)に乗せる。
  • 卵黄を表面に塗る。オーブンを220℃に予熱する。
  • 予熱したオーブンで15分、あるいは表面にいい色がつくまで焼く。
  • ほんのり温かい状態にお好みのジャムをつけてどうぞ。

動画

ヒント

分離した水(ホエー)は取っておいて、パンやスープ、カレーやシチューなどを作るのに使えます。
温かい状態で食べるために食べる時間を逆算してオーブンに入れてください。冷めた場合は電子レンジで少し温めると良いです。

切り分けてジャムをつけてどうぞ。

つけるジャムはリンゴンベリーやラズベリーがおすすめです。

牛乳そのままのような素朴な味わいです。卵と乳製品だけなので、猫にも安心、食べてないけど。

【この記事をシェア】