2020年1月に本サイトのブログ『Fukuya通信』に掲載したレシピの再掲です。再掲にあたっては例によって例のごとく、容量を重量に書き換えています。

家人が「100円だった」と小振りなバナナを一房買って外出先から戻ってきました。実は私は生バナナが苦手。家人が一人で食べていましたが、飽きてきたのか2本残して「バナナケーキ作って」と言います。生バナナは苦手ですが、バナナケーキは好き。何度か試して、気に入ったレシピがあるのですが、最近スウェーデンのお菓子の本を入手したので、そのレシピで作ってみました。

そのお菓子の本とは、スウェーデンでは聖書よりも売れているバイブル的存在『 Sju Sorters Kakor』の英語版『Swedish Cakes and Cookies』(バイブル=聖書の意味なので、聖書よりも売れているバイブルってなんだか変な書き方か)。

オリジナルは量が多いので半分にして作りました。また、粉類は北欧流で容量だったので、重量に置き換えました。

それでは、レシピです。

印刷

用意するもの

  • 22×9cmのパウンド型1本分

材料

  • バター(あるいはマーガリン) 50g 室温で柔らかくしておく
  • 砂糖 120g
  • 卵 1個 室温に戻しておく
  • 小麦粉 125g
  • ベーキングパウダー 小さじ½
  • ベーキングソーダ(重曹) 小さじ½
  • ジンジャーパウダー 小さじ½
  • シナモンパウダー 小さじ1
  • バナナ 大1本(今回は小2本)
  • 冷めたコーヒー 25cc(大さじ1.5強)

作り方

  • バターに砂糖を加え電動ミキサーでふわっとするまで混ぜる。卵1個を割り入れ電動ミキサーで更に混ぜる(ここで卵を室温に戻していないと分離してしまうので注意)。
  • 粉類を振り入れ電動ミキサーで混ぜる(ちょっと驚きますが、北欧のお菓子は粉を入れてからも電動ミキサーで混ぜるのが多いです)。
  • フォークなどでつぶしたバナナ、冷めたコーヒーを入れ混ぜ、型に流して175度に予熱したオーブンで45分焼く。
  • 竹串のような細い棒を刺して生地が付いてこなければ完成。5分ほど置いてから型から出して冷ます。

ヒント

当日食べるよりも、翌日の方が美味しいです。

ジンジャーとシナモンが入っているのがスウェーデンのお菓子っぽいのかな。さらにコーヒーというところも。きっとスウェーデンではコーヒーメーカーのポットに飲み残しの冷めたコーヒーが日常的にあるんでしょうねえ。なければインスタントコーヒーでもいいと思います。美味しかったので良ければチャレンジしてみてください。

意外なようですが、北欧はヨーロッパの中でもバナナ消費率は高く、どの国も上位に入っています。なんと2015年のヨーロッパ各国の一人当たりバナナ消費量1位はフィンランド。

北欧を歩いているとバナナの皮が良く落ちているんですよね。

【この記事をシェア】