フィンランドでは給食の定番であり、家庭でもよく作られる。フィンランド人なら子供のころからよく食べているメニューです。フィンランドの人にレシピと教わったとき、子供はケチャップを、年配の人はリンゴンベリーのジャムを付けて食べることが多いと聞きました。

マカロニキャセロールとは意訳で、フィンランド語のMakaronilaatikkoを直訳すると「マカロニ箱」。フィンランドではオーブン料理にしばしば箱(laatikko)と付けられています。箱のような容器に入れて焼き上げるからでしょう。ホワイトソースを使わず、卵と牛乳で固める北欧独特の作り方です。

マカロニなんてイタリア料理じゃないの、と不思議に思って調べると、1世紀以上も以前からフィンランドでは作られていて、1950年代まではパーティー料理の一つだったとか。マカロニが簡単に手に入る今は、日常のメニューとして家庭の食卓に上がっています。

教わったレシピは塩コショウだけの本当にシンプルな味付け。最後のチーズが無いレシピもあります。もっと複雑な味に慣れている今の人は、コンソメを入れたり、上にトマトを乗せて焼いたり、たまねぎだけでなくニンジンも入れたり、ひき肉にスパイスなどを加えたりと様々に変化させているようです。またマカロニやひき肉の量のバランスも色々で、定番の家庭料理だけに、家庭の数だけレシピがあるといっても過言ではないかも。皆さまもお好きなアレンジでお楽しみ下さい。

量は多いので、二人家族なら半分でも丁度いいです。

印刷

分量 4 人分

材料

  • ひき肉(牛でも豚でも) 400-500g
  • たまねぎ 1個 みじん切り
  • マカロニ 400cc(カップで計量してください)
  • 牛乳 500cc
  • 卵 2個
  • 塩コショウ
  • ピザ用チーズ 適量

作り方

  • ひき肉とたまねぎを炒める。
  • 塩を入れた湯でマカロニを硬めに茹でて(1)と合わせる。
  • (2)をオーブン用耐熱容器に入れ、卵と牛乳を混ぜて塩コショウしたものを注ぐ。適量チーズをかけ200度のオーブンで30-45分焼く。
  • ケチャップやリンゴンベリージャムとどうぞ。

ヒント

個人的にはひき肉とたまねぎを炒める時にしっかりと味を付けて、ケチャップもジャムも無しで食べるほうが好きです。お好みの味でお試し下さい。

【この記事をシェア】