個人的に北欧の三大祭りは『イースター』『夏至祭』『クリスマス』と思っているのですが、フィンランドの場合は『メーデー (フィンランド語でヴァップ)』も入るかも知れません。(ノルウェーならプラス独立記念日ですね、きっと。)

日本で5月1日のメーデーといえば、労働者の日として待遇改善のデモを行ったりするイメージがありますが、フィンランドでは夏の祭典の意味合いが強く、フィンランド人いわく「日本の花見の感じ」。

花咲く木の下で集まってピクニックをする点は似ているのですが、それだけでなく、かなり独特な祝い方をします。でも長くなるので割愛。興味のあるかたは「Vappu ヴァップ」で検索してみてください。

さて、そのヴァップの日に欠かせない定番の食べ物はムンッキ。そして飲み物はシマ。ムンッキは一見ドーナッツですし、ドーナッツとして紹介される事が多いのですが、パン生地を揚げたものなので、どちらかというと揚げパンです。

揚げパン、美味しいですよね。小学校の時、給食のメニューが揚げパンだった日は嬉しかったなあ。高校生の時は母がおやつにねじりドーナッツを良く用意してくれていたのですが、あれも揚げパンですよね。

印刷

分量 12 個分

材料

  • ドライイースト 6g
  • 牛乳 150cc
  • 溶き卵 ½個分
  • 砂糖 50g
  • 塩 小さじ½
  • 粗挽きカルダモン 小さじ1
  • 薄力粉 150g
  • 強力粉 150g
  • バター 25g
  • グラニュー糖 適量

作り方

  • 牛乳を40度くらいに温めボウルに入れ、イーストを入れて泡立てで混ぜる。
  • 1)に砂糖、塩、カルダモン(粗挽き、無ければホールを粗く刻む。パウダーでもいい)、溶き卵を入れて泡立てで混ぜる。
  • 2)に強力粉と薄力粉を混ぜたもの(あれば中力粉)の半量をいれて更に泡立てで混ぜる。残りの粉を2回くらいに分けて加えながら混ぜ、手に換えて全体がなじむまで捏ねる。室温で柔らかくしたバターを加え、全体がなじんでボウルから生地が離れるくらいまで捏ねる。
  • ボウルに布をかぶせ、室温かオーブンの「発酵」で45分から1時間、生地が2倍くらいに膨らむまで寝かせる。(シャワーキャップがあれば便利。)
  • 生地を打ち粉をした台に取り出して棒状に延ばしてから12等分し、それぞれを丸めて並べ、乾いた布をかけて30分程度寝かせる。
  • 揚げ油を170度~180度に熱する。生地を入れて、両面をこんがりキツネ色に揚げる。2分くらい。油の温度が高すぎると中に火が通らないので注意。
  • 熱いうちにグラニュー糖をまぶす。

動画

ヒント

12個に分けると結構大きいです。火が通るのが不安だったら15個くらいに分けて、小さ目にしても良いです。

さて、ヴァップの日に欠かせないもう一つの飲み物、シマのレシピをアップしました。下記リンク先からどうぞ。
シマ(Sima)

【この記事をシェア】